将来、年配の母親との同居も考えたので、バリアフリーの物件にしようと思い、そういった工夫をハウスメーカーと随分打ち合わせをしました。
そのとき面くらい、結局バリアフリーにしなかったのは、玄関です。
玄関をバリアフリーにする、という私のイメージは私の中にはありませんでした。車いすを使うようになっても、結局のところ、家のなかで使う車いすと外で使う車いすは分けるであろう、と思っていたので、車いすで乗り越えられるように、ということは全く考えていませんでした。また、杖を突くようになった時、ということを考えても、かえって、椅子に腰かけるとはいいませんが、ある程度の段差で、椅子に腰かけ、靴を履く、というほうが、現実的、と考えていましたから、玄関については、バリアフリーというのは、せいぜい、車いすが入るスペースとか、手すり、とか、そういったことくらいでした。
ですが、ハウスメーカーは最初、まったくフラット、ようは、ゆるやかなスロープのような形で、全く段差のないデザインを提案してきました。そうなると、他の人間がどこまで靴でどこからスリッパという区別もできにくければ、砂だって家のなかに入ってくることになるわけですから、私の考えとは全く違ったものでした。
話し合いの結果、私が考えていたようなプランにしてもらいました。

家計見直しクラブ英語上達の秘訣お小遣いNET貯蓄英語上達の秘訣女性向けエステ.comマッサージのリアル口コミ.com生命保険の口コミ.COMJALカードお家の見直ししま専科