吹き抜けの家に憧れて作ってみたけど失敗した、そういう話を知人から聞くことがあります。
吹き抜けは開放感もありますし、日差しが入り明るさもあります。けれども注意することもあります。
まず吹き抜けがある場合は、冬になれば思った以上に暖房が効きづらくなります。特に吹き抜けがあるところの窓は機密性の高いものを設置していなければ、冷気入ってきますし、結露の量も多くなります。夏には熱気が吹き抜けを通って、1階はいいかもしれませんが、2階が暑くなってしまいますので、エアコンの電気代もかさみます。吹き抜けをつくるということは光熱費がかさむということを考えておいたほうが良いと思います。
1階と2階が繋がっていることにより、音も伝わりやすくなることも知っておく必要があります。
また、生活するスペースも吹き抜けにすることにより減ってしまいますので、将来家が手狭になる可能性があります。リフォームをしたくでも、吹き抜け部分に床を付けることは難しいです。
吹き抜けのメリットもありますが、その反面のデメリットも、購入する前に知っておくことで、理想の家を購入することができます。