家の拘りではどんなところを持つべきかということがありますが、それは本当にその人次第であるといえるでしょう。まさに好きにすればよいことであるといえます。別に本当にどんなことでもよい、ということになるからです。見栄えを大事にすることもあるでしょうし、そんなことはなく中身、内装や住宅性能が最も大事と考えることもあるでしょう。建築基準法自体はクリアされているわけですから、最低限は大丈夫ですので後は自由に拘りを見せても問題はない、ということになります。それは間違いないことではありますが、さすがに難しいこともありますがそれでも実現できることのほうが多いといえます。しかし、問題は費用でしょう。コスト的なことは特に家の拘りにおいて無視できない部分になります。どうしても買い物としての額がとても高いことになりますから、その点のみは覚悟しておいたほうがよいでしょう。キチンと計画的に購入すること、ローンを組む事が家の拘りには大事です。