注文住宅で家を新築した場合、自由な設計が可能である反面、後から不具合や失敗に感じることが発生することもあるようです。多くの場合、希望に沿った間取りやデザインや設備を取り入れて建ててもらえますが、そちらを優先したばかりに他の問題が発生するようなケースです。
例えば理想的な間取りを優先して、風通しが悪い住宅になってしまったというような事例です。また収納設備を多く取りいれることを優先したばかりに、家具の配置などに苦労すると言ったこともあります。電気の配線場所も、家具の配置の際に後から後悔することがあるようです。
風通しや日当たりに関しては、間取りなどの希望と照らし合わせて不都合な状況が発生しそうな場合は、設計士の方などが適切なアドバイスをくれますから、信頼のおける業者を選ぶことが大切でしょう。そして間取りや収納に関しては、必ず置かなければいけない家具や電化製品の配置も事前に考慮しながらそのプランを立てていくことが、後悔しない家づくりのポイントです。