木造住宅を建てる時に、思い浮かぶのが「耐震問題」だと思うのです。
確かに、丈夫な作りと考えたら、木造よりも鉄筋コンクリートの方が丈夫で守ってくれそうなイメージがありますよね。
でも、実は木造住宅だって鉄筋コンクリートの住宅に負けないぐらい耐震性は優れているのです。
なぜなら、新築の木造住宅には、しなやかさというメリットがあるのです。
揺れている間は、木造住宅の方が揺れを感じるかもしれませんが、そのしなやかさで耐える事が出来るのです。
鉄筋コンクリートの住宅だと、万が一の時にはしなやかさがない分、1度ヒビが入ってしまうと、耐震性は弱くなります。
ですが、木造住宅だとグッと揺れても、再び戻るので、安心です。
そして、しなやかな木造建築が見られるのはここ最近の事です。
住宅のあらゆる専門家の努力により実現したのです。
中古の木造住宅だと、残念ながら、地震に耐えられるほどのしなやかさは兼ね備えてはいません。
新築の木造住宅ならではの事なのです。