木造住宅を建ててから気づいた事
木の香る家に憧れて木造住宅を建てる際に初めからわかっていたら良かったと感じた事は、地震の事も考えて家を建てる前に必ず耐震診断をして設計するという事です。
おしゃれで大きな窓は部屋の明るさは確保できますが地震の揺れには弱くなります。
ベランダを外付けにするか住宅一体型にするかや家の形が四角に近いほど崩れにくくなりますでデザイン性と耐震性を建てる前に十分に行うことをおすすめします。
戸建てを購入すると必ず火災保険への加入が必要になります。
木造住宅は保険料が高くなる傾向にありますので必ず火災保険加入の際には数社から見積もりをしましょう。
保険会社によって特約が自由に選択できるものもあります。
住宅ローンの支払いに目を奪われがちですが、火災保険料の支払い額によって資金計画がかわってくることがあります。
地震保険は5年後ごとに契約更新ありますので、木造住宅の保険料が少しでも押さえられる保険会社を選ぶことをお勧めします。